派遣社員は3年しか働けない!契約更新と3年ルールを解説

派遣社員には3年ルールというものがあり、同じ職場で3年しか働けないことを知っていますか?

これは派遣法で定められていて、派遣社員なら誰にでも適用されます。(一部例外あり)

法律の話をすると難しくなるので、実際に派遣社員に影響がある部分だけを簡潔に解説します。

シラトリ

法律の話は専門家にお任せします!

この記事では、

  • 契約更新について
  • 3年ルールについて

この2つを解説します。

これから派遣社員として働く人にはかなり重要なことなので、必ず知っておきましょう。

目次

派遣社員の契約更新

派遣社員が大前提として知っておくべきことが「派遣社員の契約更新」についてです。

派遣社員は、派遣先での勤務が開始しても、ずっとその職場で働けるわけではありません。

1度の契約で働ける期間は派遣会社により違いますが、大体3か月や半年が多くなっています。

契約終了の日が迫ってくると、派遣会社で契約更新の意思確認が行われます。

これは、あなたと派遣先企業の双方に向けて行われており、契約更新には双方の合意が必要です。

このような意思確認が3か月や半年ごとに行われ、契約更新を何度も繰り返していきます。

派遣先企業が契約更新に合意せず契約終了になってしまうと、派遣社員は職を失うことになります。

シラトリ

これが派遣社員が不安定と言われる大きな理由です

3年経たずに契約終了になる場合、このあと解説する3年ルールは適用されません。

しかし未来の事は誰にもわからないので、知識だけは備えておきましょう。

派遣社員の3年ルール

契約更新を何度も繰り返し3年が経つと、その派遣先とは契約終了になります。

「派遣社員は同じ派遣先の同じ部署で最長3年しか働くことができない」と法律で定められているからです。

どんなに順調に契約更新を続けていても、それは3年まで。

2022年5月1日から派遣先との契約がスタートした場合、3年後の2025年4月30日が契約終了日

派遣先を変えれば、3年間は新しい派遣先で派遣社員として働くことが可能です。

また、同じ派遣先の違う部署に異動するという手段もあります。

ただし、違う部署に異動するには派遣先企業の合意も必要です。

3年ルールの例外パターン

実は3年ルールには、適用されない例外パターンもあります。

次のどれかに該当する人は、3年以上同じ派遣先で働くことが可能です。

  • 無期雇用派遣の人
  • 60歳以上の人
  • 有期プロジェクトに参加している人
  • 1ヶ月の業務日数が通常労働者の半分以下で月10日以下の人
  • 産休・育休・介護休業などを取得する労働者の代わりの人

3年後の雇用サポート

では3年後の契約終了日が迫っている場合、派遣社員のあなたは何をすべきでしょうか?

慌てて転職先を探す必要は、まだありません。

契約終了の数か月前に、派遣会社の担当者から契約終了についての連絡が来ます。

この時点で、派遣会社には次のどれかを果たす義務が発生します。

  1. 派遣先へ直接雇用の依頼
  2. 新たな派遣先の提供
  3. 派遣会社での無期雇用

契約終了日が迫ってきたら、まずはこの雇用サポートを頼りましょう。

雇用サポートが具体的にどんなものか解説します。

サポート①派遣先へ直接雇用の依頼

派遣先への直接雇用、つまり派遣先で正社員または契約社員として雇ってもらう事を言います。

あくまでも依頼なので、派遣先企業には拒否する権利があり、必ずしも直接雇用してもらえるわけではありません。

同じ派遣先で3年働けば、直接雇用に変わるチャンスがあると考えておきましょう。

サポート②新たな派遣先の提供

これが1番分かりやすくて無難な方法です。

同じ派遣会社で求人を紹介してもらい、新しい派遣先を探します。

派遣社員の採用までの流れ の求人探しから採用までの流れを行うということです。

派遣社員という働き方にこだわっている人は、この方法がおすすめです。

サポート③派遣会社での無期雇用

3か月や半年ごとの契約期限がある派遣社員(有期雇用派遣)から、契約期限がない無期雇用になる方法です。

無期雇用になると、先ほど解説した3年ルールも適用されないので、同じ派遣先で3年以上働くことが可能になります。

派遣会社の正社員になるようなイメージですね。

まとめ:契約終了後のことを考えておこう

派遣社員はいつ契約終了になるか分からない環境であり、最長で3年しか同じ派遣先で働けません。

3年先のことは想像できないかもしれませんが、

シラトリ

もし3か月後に契約終了になったら…?

と、今から考えておくことをおすすめします。

いざ契約終了になったときに、どうするか決めている人といない人では大きな差が出ます。

契約終了後の選択肢をまとめておきますので、もし3か月後に契約終了になった場合にどの方法を選ぶか考えてみてください。

  • 転職活動をして正社員になる
  • 他の派遣会社に登録する
  • 派遣先に直接雇用を依頼(雇用サポート)
  • 同じ派遣会社で派遣先を紹介してもらう(雇用サポート)
  • 派遣会社で無期雇用になる(雇用サポート)

STEP7へ

退職する時の注意点 では、派遣先や派遣会社を退職したい時に、あなたがどう行動すべきか解説します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次