動画編集用パソコンに必要なスペックは?おすすめパソコン4選

Youtube投稿や副業などで動画編集がしたいけど、どんなパソコンが必要なのかわからず悩んでいませんか?

  • まだパソコンを持っていない
  • 今のパソコンじゃ動きが重い

そんな人はスペックが高いパソコンが必要です。

安くてスペックの低いパソコンだと、作業中にフリーズや強制終了になってしまい、快適な動画編集ができないからです。

しかし、スペックが高いパソコンと言われても、パソコンの知識がなければよく分かりませんよね。

この記事では、

  • 動画編集用パソコンに必要なスペック
  • 具体的におすすめのパソコン
  • 少しでも安く買う方法

をご紹介します。

シラトリ

この記事を読めば、動画編集にどんなパソコンが必要か分かります!

目次

動画編集用パソコンに必要なスペック

グラフ/動画編集用パソコンに必要なスペック

動画編集用のパソコンのスペックで見るべきポイントは、

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • GPU(グラフィックボード)

この4つです。

それぞれのスペックについて詳しく解説します。

CPU

おすすめはCore i7搭載のパソコンです。

CPUはパソコンの動作速度に関係するパーツで、

スペック高

動きがスムーズ

スペック低

動きが重い

動画編集パソコンにおいて1番重要なスペックです。

予算が限られている人は、高性能CPUを最優先で選びましょう。

もちろん「Core i5」でも動画編集は可能ですが、動きは重くなります。

本格的に動画編集をする人にはかなりストレスなのでおすすめしません。

おりす

CPUはCore i7がおすすめ!

メモリ

おすすめは「16GB」のパソコンです。

メモリは、

スペック高

多くのソフトを同時に開ける

スペック低

動画編集ソフト以外使えない

動作速度にも影響するスペックです。

「16GB」であれば動画編集ソフトを使用しながらWebサイトの閲覧も可能。

「8GB」だと動画編集ソフト以外の使用は困難です。

メモリに余裕がないと作業中の動きも重くなるので、「16GB」と余裕のあるスペックがおすすめです。

おりす

メモリは16GBがおすすめ!

ストレージ

おすすめは「SSD 256GB+HDD 1TB」搭載のパソコンです。

ストレージはデータの保存や読み込みに関係するパーツで、SSDとHDDの2種類があります。

SSD

読み込みが速い
値段が高い

HDD

値段が安い
読み込み速度はSSDに劣る

それぞれにメリットとデメリットがあるので、SSDとHHDの両方を搭載することで互いのメリットを活かすことができます。

おりす

ストレージはSSD 256GB+HDD 1TBがおすすめ!

ただし、ストレージは「外付けSSD/外付けHDD」を後から購入できます。

予算が足りない人は、CPUやメモリのスペックを優先させましょう。

GPU(グラフィックボード)

おすすめはGPU搭載のパソコンです。

GPUは画像処理に関係するパーツで、

GPU搭載

映像が滑らかに見える

GPU非搭載

映像がカクついて見える

という違いがあります。

また、動画の書き出しスピードなどが速くなります。

有料の動画編集ソフトを使う人は、GPUを搭載していた方が圧倒的に作業がはかどりますよ。

おりす

GPU搭載がおすすめ!

無料の動画編集ソフトを使う人は、GPUに対応していないので非搭載でOKです。

GPU非対応のソフトでは、搭載していても無意味になってしまうので、他のスペックに予算を使いましょう。

必要なスペックまとめ

ここまでの内容をまとめた動画編集パソコンに必要なスペックがこちらです。

CPUCore i7
メモリ16GB
ストレージSSD 256GB+HDD 1TB
GPU搭載

このスペックがあれば動画編集の作業をストレスなく行えますよ。

WindowsとMacどっちがおすすめ?

WとM/WindowsとMacどっち?

WindowsとMacではキーボード配列や操作方法が異なるので、慣れている方を選ぶのがおすすめです。

動画編集用のパソコンとしてはWindowsもMacも大きな違いはありません。

「Final Cut Pro」や「iMovie」などのMacでしか使えないソフトを使用する場合を除いて、使い慣れた方を選びましょう。

また、値段だけで見るとWindowsの方が安いです。

予算が足りない人はWindowsを選びましょう。

おりす

慣れている方を選ぶのが基本、安さ重視ならWindows!

デスクトップパソコンとノートパソコンどっちがおすすめ?

パソコン2つ/デスクトップとノートどっち?
デスクトップがおすすめな人

作業場所は自宅のみ
スペースが確保できる

ノートがおすすめな人

持ち運びたい
収納スペースを重視

こちらも動画編集用のパソコンとして「絶対こっちがいい」というものはありません。

スペックや値段などの違いはありますが、まずは作業する場所をイメージして使いやすい方を選ぶほうが失敗しにくいですよ。

おりす

自分の作業環境をイメージしてみよう!

動画編集用パソコンのおすすめ購入方法

カートやショップバッグ/おすすめの購入方法

動画編集用のパソコンは、ネット通販で購入するのがおすすめです。

特にBTOパソコンを販売しているショップを選ぶと、スペックの高いパソコンが有名メーカーより安く買うことができます。

シラトリ

BTOは「Build To Order」の略で、受注生産の意味です

メーカーのパソコンと違い、自分好みにパーツをカスタマイズできる特徴があります。

おすすめのBTOパソコン販売ショップ
  • マウスコンピューター
  • パソコン工房
  • ドスパラ
  • FRONTIER

有名メーカーにこだわりたい人も、メーカー公式のネット通販がおすすめです。

有名メーカーのネット通販サイト
  • FUJITSU
  • Dynabook 
  • HP
  • Dell

家電量販店だと店舗によって品揃えが異なり、必要なスペックを搭載したパソコンが少ない可能性があります。

おりす

買うならBTOパソコンがおすすめ!

動画編集用パソコンのおすすめ4選

ここからは、具体的に動画編集用パソコンのおすすめ製品をポイント別に4つ紹介します。

シラトリ

あなたが重視したいポイントは何ですか?

重視したい項目をクリックすると、おすすめ製品の解説まで飛べますよ。

コスパの高さ重視の人におすすめ

スペックも値段もどっちも大事なコスパ重視の人におすすめなのがこちら!

パソコン工房:BTOデスクトップパソコン「STYLE-M06M-127-RJX

スペックは以下の通りです。

CPUCore i7
メモリ16GB
ストレージSSD 500GB
GPU搭載
値段税込158,800円

標準仕様ではHDDが搭載されていませんが、SSDが500GBと大きめです。

カスタマイズで1TB HDDを税込6,300円を追加もできます。

シラトリ

スペックを満たしたデスクトップパソコンの中でも低価格!

スペックの高さ重視の人におすすめ

ストレスフリーな作業を求めるスペックの高さ重視の人におすすめなのがこちら!

マウスコンピューター:BTOデスクトップパソコン「FRGBZ690/SG1

スペックは以下の通りです。

CPUCore i7
メモリ32GB
ストレージSSD 512GB
GPU搭載
値段税込269,800円

動画編集用パソコンに必要なスペックはすべて満たしているデスクトップパソコンです。

メモリが32GBと大きいので、他のソフトを同時に開いても快適に作業できそうですね。

シラトリ

予算があるなら購入して損はない製品です!

持ち運びやすさ重視の人におすすめ

外出先でも作業したい持ち運びやすさ重視の人におすすめなのがこちら!

マウスコンピューター:BTOノートパソコン「DAIV 4N

スペックは以下の通りです。

CPUCore i7
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
GPU搭載
値段税込199,800円

標準仕様ではHDDが搭載されていませんが、SSDが512GBと大きめです。

それでも容量が足りない人は、2TBの外付けHDDを税込9,790円でカスタマイズすることも可能。

必要スペックを満たしつつ、薄さ19.2mm、重さ1.44kgと薄型軽量なのが大きな特徴です。

シラトリ

外出先でも作業できたら、効率がいいですよね!

有名メーカーの信頼感重視の人におすすめ

有名メーカーの信頼感重視の人におすすめなのがこちら!

Dell:デスクトップパソコン「XPS 8950

スペックは以下の通りです。

CPUCore i7
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB+HDD 1TB
GPU搭載
値段税込239,850円

カラーがシルバーなのでデザイン重視の人にもおすすめです。

他の製品と比較して値段は高くなりますが、有名なDell製品という信頼感があるので安心ですね。

シラトリ

大事なデータを保存するからこそ、安心感も重要です!

おすすめの動画編集用パソコン一覧表

スクロールできます
STYLE-M06M-127-RJXFRGBZ690/SG1DAIV 4NXPS 8950
メーカーパソコン工房FRONTIERマウスコンピューターDell
ポイントコスパ重視スペック重視持ち運び重視信頼感重視
CPUCore i7Core i7Core i7Core i7
メモリ16GB32GB16GB16GB
ストレージSSD 500GBSSD 512GBSSD 512GBSSD 512GB+HDD 1TB
GPU搭載搭載搭載搭載
値段158,800円269,800円199,800円239,850円

実際に動画編集に使っているパソコン

2021年10月から動画編集の副業を始めた私が実際に使っているパソコンがこちらです。

FUJITSU:ノートパソコン「LIFEBOOK AH56/E2」

シラトリ

このパソコンで動画編集をして月1万円以上稼いでいます!

スペックは以下の通りです。

CPUCore i7
メモリ8GB
ストレージSSD 256GB+HDD 1TB
GPU搭載
値段税込191,953円

この製品は現在ネット通販での販売はしていません。

上記のスペックで動画編集をした使用レビューを参考にしてみてください。

使用レビュー

動画編集の作業環境や内容は、

  • Adobe Premiere Proを使用
  • 20分程の動画にテロップとBGM挿入
  • 動画の書き出し中にブログ執筆

必要情報としては大体こんな感じです。

FUJITSU「LIFEBOOK AH56/E2」のスペックで、動画編集の作業中にストレスを感じることは全くありません。

映像のプレビューも滑らかで、作業途中の強制終了もなく、安心して使用できています。

ただ、使っていてストレスを感じる部分が2点あります。

  • 動画の書き出しが遅い
  • 書き出し中のブログ執筆は重い

1つずつ原因を考えてみました。

動画の書き出しが遅い

これはGPU性能が原因ではないかと思います。

搭載されているGPU「Intel UHD」は、以下のページで性能目安を見ると、数値がかなり小さいです。

参考:グラフィックボード性能比較 – ドスパラ

動画の書き出し時間を速くしたい人は、上記サイトを参考に、GPU性能の良いパソコンを選ぶのがおすすめ

書き出し中のブログ執筆は重い

これはメモリの8GBが原因ではないかと思います。

動画編集と他の作業を同時進行するには、メモリが小さかったですね。

動画編集中に他の作業もしたい人は、16GB以上のメモリがおすすめ

動画編集に必要なスペックが分かれば損しない

ここまでの内容をまとめると、

  • CPUはCore i7以上が必須
  • メモリは16GB以上
  • ストレージは後付け可能
  • GPUは有料ソフトなら搭載
  • 購入はBTOパソコンがおすすめ

このような感じです。

スペックの低いパソコンだと、動画編集の作業は思うように進みません。

本格的に動画編集をするならスペックの高いパソコンが必須です。

ネット通販ではアウトレット品が安く購入できたり、セールが開催されていることもあります。

おりす

各ショップを要チェック!

ご紹介した動画編集用パソコンのおすすめショップには、こちらから飛べます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次