【未経験OK】動画編集の勉強方法5選!独学でも稼げる?

  • 動画編集の勉強方法が分からない
  • 挫折しない勉強方法が知りたい

動画編集を始めたばかりのあなたは、こんな悩みを持っているのではないでしょうか?

この記事では、動画編集の目的別に5つの勉強方法を紹介します。

次のように、動画編集でどれくらい稼ぎたいかでおすすめの勉強方法が変わりますよ。

動画編集で本格的に稼ぎたい人(月5万円以上)

動画編集の基礎から仕事の取り方までを体系的に勉強できるオンラインスクールがおすすめ!

動画編集でお小遣い稼ぎがしたい人(月5万円以下)

実践経験でレベルアップすることを前提に、独学や動画教材で基礎を勉強するのがおすすめ!

シラトリ

あなたに合った方法を見つけて、さっそく動画編集の勉強をスタートしましょう!

おりす

自分がどっちを目指しているかイメージしながら読んでね!

目次

動画編集の勉強で身につけること

そもそも動画編集の勉強で何を身につけるべきかというと、

  • よく使う機能
  • 動画編集ソフトの使用方法
  • 専門用語
  • 稼ぎ方

この4つです。

一つずつ具体的に解説します。

よく使う機能

動画編集と一口に言っても、多くの機能やテクニックがあります。

その中でもよく使う機能の一部が、次のようなものです。

  • カット
  • テロップ入れ
  • エフェクト
  • BGM・効果音の挿入
  • エンコード

これらの機能の使い方を知ることで、機能を応用した自分なりの動画が完成します。

シラトリ

なので、ここを勉強しないと動画編集は始まりません!

動画編集ソフトの使用方法

動画編集ソフトには数多くの種類があり、その使用方法をマスターする必要があります。

動画編集ソフトで代表的なのが、次のようなものです。

  • Adobe Premiere Pro
  • Final Cut Pro
  • Power Director

それぞれ使用方法が異なるので、まずは使用する動画編集ソフトを決めてから勉強しましょう。

おすすめの動画編集ソフト

動画編集で稼ぐなら、おすすめの動画編集ソフトは「Adobe Premiere Pro」です。

教材が豊富で使用ユーザーも多いので、迷っている人は「Adobe Premiere Pro」を選ぶと勉強しやすくなりますよ。

専門用語

先ほど少し出てきた「カット」「エフェクト」など、動画編集には専門用語が多くあります。

そのすべてを覚える必要はありませんが、動画編集のレベルアップのために知っておいて損はありません。

あまり聞かない用語でも便利な機能が結構あるので、余裕がある人は勉強してみてください。

例えばこんな専門用語があります。

  • エフェクト
  • キーフレーム
  • ネスト
  • レンダリング
  • エンコード

稼ぎ方

動画編集ができるようになっても、稼ぎ方を知らなければ、当然稼げませんよね。

動画編集で稼ぐ方法を知っておくだけでも目標が定まりやすいので、最初に勉強しておきましょう。

初心者が動画編集で稼ぐなら、「クラウドワークス」や「ランサーズ」のようなクラウドソーシングサイトで案件を受注するのがおすすめです。

おすすめの動画編集の勉強方法5選

今回紹介する動画編集の勉強方法が、この5つです。

  1. YouTube
  2. Adobe CC付き講座
  3. 買い切り型の教材
  4. オンラインスクール

1〜4がお小遣い稼ぎがしたい人向きで、4と5が本格的に稼ぎたい人向きの勉強方法です。

1つずつ詳しく紹介します。

YouTube

完全無料で勉強したいなら「YouTube」一択です。

Youtubeで「動画編集 初心者」や「動画編集 基礎知識」などと検索すれば、無料で簡単に動画編集の基礎を勉強できます。

ただ、動画の視聴順を自由に選べる分、難易度の高い知識から勉強してしまい挫折するリスクもあります。

Youtubeは動画編集の基礎知識がある人が、分からない部分を補うために見るのが最も良い使い方です。

YouTubeのメリット
  • 完全無料
  • 自分のペースで勉強できる
  • 分からない部分を何度も見れる
YouTubeのデメリット
  • 正しい順序で勉強できない
  • 分からない部分を質問できない

動画編集ソフトや稼ぐコンテンツが決まっている人には、「本」を購入して勉強する方法がおすすめです。

例えば、

動画編集ソフトが決まっている

Premiere Pro よくばり活用事典

YouTubeで稼ぎたい人

YouTuberの教科書

このように、それぞれの分野に特化した本が2000円〜3000円ほどで購入できます。

1冊あればソフトの使用方法や稼ぎ方の基礎を勉強できるので、あなたの勉強したい分野の本を購入すると効率的です。

ただ、色んな分野を勉強したい人は、たくさんの本を購入しなければならず非効率です。

本のメリット
  • 1つの分野に特化して勉強できる
  • 安く購入できる
  • 何度も読み返せる
本のデメリット
  • 限られた部分しか勉強できない
  • 分からない部分を質問できない

Adobe CC付き講座

Adobe Premiere Proを使用する人は、「Adobe CC付き講座」でお得に勉強できます。

Adobe CC付き講座は、次の2つのサイトで購入できます。

  • デジハリ「Adobeマスター講座」
  • たのまな「Adobeベーシック講座」

Adobe CCの基礎が学べる講座とAdobe CCライセンスが付いて39,980円(税込)です。

特に、購入から10分で講座の視聴とAdobe CCの使用が開始できる、デジハリ「Adobeマスター講座」がおすすめです。

シラトリ

ただし、講座の視聴期間が1か月と短いので注意しましょう!

おりす

Adobe CCは1年間使えるよ!

シラトリ

詳しくは Adobe CCを安く買う方法 で紹介しています!

Adobe CC付き講座のメリット
  • Adobe CCがお得に買える
  • 分からない部分を何度も見れる
  • 体系的に勉強できる
Adobe CC付き講座のデメリット
  • 動画教材の視聴期間が短い

買い切り型の教材

1度購入すれば期限なしで視聴ができる動画教材があります。

  • Udemy
  • MovieHacks
  • レバレッジエディット

これらは動画編集を体系的に勉強でき、分からない部分を講師に質問できるので、とても効率の良い勉強方法です。

ただ、Youtubeや本と違って費用が高額になるので、動画編集を本気で勉強する覚悟は必要です。

買い切り型の教材のメリット
  • 体系的に勉強できる
  • 分からない部分を質問できる
  • 期限なく見返すことができる
買い切り型の教材のデメリット
  • 費用が高い

Udemy

Udemy
画像引用元:Udemy

「Udemy」は動画編集だけでなく、ビジネススキルやWebデザインなど様々な分野の教材が揃った利用者数の多いサイトです。

豊富な教材の中から好きなコースを選べるので、知りたい分野や予算からあなたに合った教材が見つけられます。

MovieHacks

MovieHacks
画像引用元:MovieHacks

「MovieHacks」は、動画編集をYoutubeに特化して勉強できる教材です。

買い切り型で69,800円(税込)とお高めな分、無制限の質問サポートが付き、「サムネ制作」や「視聴維持率」など幅広い知識が身につきます。

レバレッジエディット

レバレッジエディット
画像引用元:レバレッジエディット

「レバレッジエディット」は、

  • Youtube編集
  • モーショングラフィックス
  • サムネイル

の3つのコースを体系的に学べる動画教材です。

教材を購入すると、制作した動画にプロの添削を受けることができるので、レベルアップに繋がりやすいです。

オンラインスクール

動画編集で本格的に稼ぎたい人にはオンラインスクールが圧倒的におすすめです。

具体的には、

など、たくさんのオンラインスクールがあります。

オンラインスクールのメリットは、手厚いサポートが期待できるところです。

動画教材で基礎が学べるほか、仕事を取るためのポートフォリオ制作や就活サポート、卒業後のサポートまで行っているところもあります。

デメリットは、費用が最も高額になることです。

シラトリ

初心者にはハードルが高いかもしれませんね…

いきなり高額の支払いをするのが不安な人は、Youtubeなどで基礎を学んでからオンラインスクールを利用するのも一つの手ですよ。

オンラインスクールのメリット
  • サポートが手厚い
  • 稼ぐための知識が全て学べる
  • 学校なのに自宅で学べる
オンラインスクールのデメリット
  • 費用が高い

本格的にやるならオンラインスクールがおすすめ

動画編集の勉強方法5つをまとめます。

動画編集でお小遣い稼ぎがしたい人は、

シラトリ

この中から予算や勉強したい分野に合わせて選びましょう!

動画編集で本格的に稼ぎたい人は、

シラトリ

体系的に学べて質問もできる、この二択です!

動画編集は勉強方法を間違えると挫折しやすいですが、スキルを身につければ稼ぎやすい副業です。

稼ぎたい金額や、挑戦したい分野など、目標をしっかり決めて行動していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次