派遣社員に向いてない人は?働く前に向き不向きをチェック!

正社員として働いている方、これから社会人になる学生さん、派遣社員として働いたことがない方…

あなたは派遣社員に向いていると思いますか?

正社員と比べて気楽な働き方に思える派遣社員にも向き不向きがあります。

派遣社員7年目の経験から見た、派遣社員に向いている人と向いていない人がどんな人か紹介します。

派遣社員として働くことに興味がある方は、自分に向いているかチェックしてみてください。

チェックリスト
  • 裁量の大きい仕事がしたい
  • ルーティンワークが好き
  • 昇進や昇給がやりがい
  • 仕事よりプライベートが大事
  • 金銭的な安定を重視したい
  • 精神的な安定を重視したい
  • 社会的地位や周りの目が気になる
  • 環境の変化に柔軟
目次

派遣社員が向いてない人

チェックリストで次の項目に当てはまった人は派遣社員という働き方は向いていません。

  • 裁量の大きい仕事がしたい
  • 昇進や昇給がやりがい
  • 金銭的な安定を重視したい
  • 社会的地位や周りの目が気になる

1つでも当てはまる人は、正社員を目指すのがおすすめです。

紹介した4つが、なぜ派遣社員に向いていないのか1つずつ解説します。

裁量の大きい仕事がしたい

あなたは仕事をする上で、こんな風に思っていませんか?

  • 自分で判断して仕事を進めたい
  • 上司・先輩に指示されて働くのは嫌

裁量の大きい仕事を求めている人は、派遣社員に向いていません。

派遣先企業が派遣社員に裁量権を与える可能性はかなり低いです。

難しい資格やスキルを持っていたり、リーダー職としての採用なら別ですが、基本的に派遣社員は派遣先の上司の指示通りに仕事をします。

契約書に記載された仕事以外は任せてもらえないと思った方が良いでしょう。

経験を積んで、役職が上がって、自分が指示する立場になる…なんてことは派遣社員では一生経験できません。

シラトリ

運が良ければ後輩の指導役くらいにはなれるかも…

裁量が大きい仕事がしたい人は正社員を目指しましょう。

昇進や昇給がやりがい

派遣社員には昇進も昇給もありません。

1年働き続けている派遣社員と、昨日入ってきた派遣社員の立場は同等です。

持っているスキル次第では、昨日入ってきた派遣社員のほうが給料が高い可能性だってあります。

そして最初に決まった給料は、そう簡単には変わりません。

長く働いて昇進を目指したり、毎年の昇給を楽しみにしたいなら派遣社員は向いていないでしょう。

金銭的な安定を重視したい

派遣社員は正社員より月給が高い場合があります。

しかし、その給料が支払われ続ける保障はありません。

シラトリ

いつ契約終了になるか分からない…

契約終了になったらその時点で給料は出なくなりますから、金銭的に安定するとは到底言えませんね。

正社員ならリストラされる可能性は低いので、金銭的に安定します。

金銭的な安定を重視したいなら派遣社員は向いていません。

社会的地位や周りの目が気になる

あなたが派遣社員になったとして、家族や友人に「派遣社員として働いている」と胸を張って言えますか?

派遣社員をしていると、「いつ正社員になるの?」とか「派遣社員で大丈夫なの?」などと言われる事も多くあります。

世の中には、派遣社員は不安定とか危険というイメージが浸透しているので、周囲の目が気になる人には辛い働き方です。

派遣社員であることに引け目を感じるようであれば向いていません。

正社員に採用されないなら

派遣社員に向いていない人は「正社員を目指しましょう」とおすすめしましたが、正社員になかなか採用されない人もいますよね。

その結果、派遣社員という働き方を検討しているなら、派遣社員として働きながら正社員を目指す、次のような手段もあります。

  • 紹介予定派遣
  • 正社員登用実績のある派遣先を選ぶ

この2つが確実に正社員になれる方法ではありませんが、何となく選んだ派遣先で働くよりも正社員になれる可能性は上がります。

1度検討してみてください。

紹介予定派遣

派遣社員の中にも「紹介予定派遣」というものがあります。

紹介予定派遣は、一定期間派遣社員として働いた後に、その派遣先で直接雇用されることを前提とした採用方法です。

直接雇用が前提なので、正社員になれる可能性は一般派遣よりも高くなります。

直接雇用には一定期間勤務後の双方の合意が必要なので、直接雇用が確定する訳ではありません。

正社員登用実績のある派遣先

過去に派遣社員から正社員になった人がいる派遣先なら、あなたも正社員になれる可能性がありますよね。

反対に正社員登用実績がない派遣先だと、派遣社員を直接雇用するつもりなんて一切ないかもしれません。

派遣社員として働いた後に直接雇用を目指したいなら、正社員登用実績がある派遣先のほうが可能性は上がります。

派遣社員が向いてる人

派遣社員に向いていない人の解説を読んで、「派遣社員になるメリットなんてあるの?」と思った方もいるかもしれません。

チェックリストで次の項目に当てはまった人は派遣社員に向いていますし、メリットもありますよ。

  • ルーティンワークが好き
  • 環境の変化に柔軟
  • 精神的な安定を重視したい
  • 仕事よりプライベートが大事

この4つが、なぜ派遣社員に向いているのか1つずつ解説します。

ルーティンワークが好き

派遣社員は契約で決められた仕事だけ行うのが基本です。

特に事務職に言える事ですが、ルーティンワークの経験やミスの少ない丁寧な作業が求められる事が多いです。

毎日同じ仕事を繰り返すだけの日々でも仕事の手を抜かない人、逆にそれを楽しめる人は派遣社員に向いています。

色々な作業を並行して行うことが苦手な人も、ルーティンワークの仕事がおすすめです。

環境の変化に柔軟

派遣社員が同じ派遣先で働ける期間は最長3年です。

新しい派遣先になじむのが早い人や、環境の変化にストレスを感じにくい人は派遣社員に向いています。

反対に環境の変化が苦手な人は、3年ごとに派遣先が変わることを許容できるか事前に考えておきましょう。

精神的な安定を重視したい

正社員だと責任の大きな仕事を任されたり、残業や休日出勤などで精神的な負担が大きくなりがちです。

派遣社員は責任の大きい仕事はあまりないし、残業も休日出勤も少なくて精神的に安定しやすいです。

毎日残業を強いられていた時代より何倍も快適な生活ができます。

精神的な安定を重視したい人は派遣社員がおすすめですよ。

仕事よりプライベートが大事

正社員だと、どうしても仕事優先で生活しなければなりません。

残業や休日出勤が多ければ、その分プライベートの時間は少なくなります。

  • プライベートを大事にしたい
  • プライベートを楽しむために仕事をしている

という方は、残業も休日出勤も少ない派遣社員が向いています。

まとめ:とにかくやってみるのも1つの手段

今回は、派遣社員の向き不向きについて解説しました。

派遣社員に向いていないのはこんな人

  • 裁量の大きい仕事がしたい
  • 昇進や昇給がやりがい
  • 金銭的な安定を重視したい
  • 社会的地位や周りの目が気になる

派遣社員に向いているのはこんな人

  • ルーティンワークが好き
  • 環境の変化に柔軟
  • 精神的な安定を重視したい
  • 仕事よりプライベートが大事

派遣社員という働き方に対する考え方は人それぞれです。

周りの言うことに惑わされずに、自分に合った働き方を選ぶことで快適に生活できるでしょう。

この記事を読んでも派遣社員に向いているのか判断できない人は、試しに派遣社員をやってみるといいかもしれません。

実際に働いてみると、派遣社員の良いところも悪いところも経験できるのでおすすめですよ。

もし派遣社員に向いているのに不安のほうが大きい人は、今すぐできる不安解消法 もぜひ読んでみてください。

この方法で不安が軽減できたら、あなたも派遣社員として楽しく働けるはずですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次