女性が物流倉庫のピッキングってきつい?体験談から解説!

副業
奥様
奥様

ピッキングの仕事内容は理解したけど、男性が多いんじゃない?女性にもできるかしら…

いそ
いそ

女性もたくさん働いていますよ!もちろん大変な部分もありましたが、女性だからできないという仕事ではないです。

この記事では、女性でピッキングバイトをした経験から感じたことを詳しく紹介します。
悩んでいる方も不安を解消できるはずです!

スポンサーリンク

ピッキングってどんな仕事?

いそ
いそ

ピッキングの仕事内容を詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください!

ピッキングをやるか迷っていたり、やると決めたけど不安な方がいたら、その不安を軽減できるかも知れません。

女性でもできる?

いそ
いそ

結論から言うと、女性でもできます!

物流倉庫では年齢も性別も関係なく、たくさんの人が働いています。

たとえば…
  • 高校生の女性:土日だけの単発バイト
  • フリーターの20代女性:週5日がっつり
  • サラリーマンの男性:副業で週3日だけ
  • 主婦の女性:週5日時短勤務

本当にさまざまな人がいて、女性だからできないとか、男性だから向いているとかは全く関係ありません

あるとすれば、性格面での向き不向きです。

いそ
いそ

向き不向きについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

興味のある方はチェックしてみてください。

体験談

いそ
いそ

では、私がピッキングバイトを経験して感じたことを紹介します!

良かったところ

  • 簡単に仕事が覚えられる
  • 1人でモクモクと作業ができる
  • 人間関係が気にならない
  • 売れ筋商品を知ることができる
奥様
奥様

全部詳しく教えてほしいわ!

いそ
いそ

一つずつ説明しますね!

簡単に仕事が覚えられる

物流倉庫のピッキングってどんな仕事?経験者が細部まで解説!

こちらの記事でも解説していますが、
ピッキングの仕事は単純作業なので仕事を覚えるのが簡単です。

人によって差はありますが、ピッキング作業を1日経験すれば、1ヶ月以上継続している先輩と同じように作業できるようになります。

いそ
いそ

覚えることが単純なので、パニックになったり焦ったりしませんでした。

1人でモクモクと作業できる

ピッキングは1人で作業をすることが多いです。

接客もしないし電話対応もありません。
ひたすら指定された商品を集めて運ぶだけなので1人が好きな人は楽しいですよ!

人間関係が気にならない

物流倉庫では様々な年齢・性別の人が働いていることは、この記事の前半でも説明しました。

倉庫内では毎日100人以上の人が働いていて、その全員を把握することは不可能です。

同じ日に働きはじめた同期シフトがよく一緒になる人以外は、倉庫内にいても顔見知り以下の関係です。

なので職場の全員と仲良くなる必要はないし、最低限のコミュニケーションだけで働けるのは気が楽です。

いそ
いそ

もちろん人と関わるのが好きな人は、倉庫内でも友達を作っていますよ。

人と関わるのが得意ではない人は、職場に馴染めないなど仕事以外の悩みが多くなりがちですよね。

倉庫でのピッキングは人との関わりを気にしなくていい数少ない仕事です。

売れ筋商品を知ることができる

有名ネット通販の物流倉庫だと、日々数多くの商品をピッキングすることになります。

ピッキング作業を繰り返していく内に、

この商品、何度もピッキングしてる…

こんな商品も売れているんだ!

と、必然的に今売れている商品を知ることができます。

きつかったところ

  • 重い商品も1人で運ばないといけない
  • 閑散期は2人1組の作業になる
  • 高所作業車を使うことがある
いそ
いそ

こちらも詳しく説明します!

重い商品も1人で運ばないといけない

ピッキングの仕事の良かった点に、1人でモクモクと作業できる点を挙げました。

これは逆にいうと、女性1人で運ぶには重すぎる商品も運ばなければならないということです。

周りに手が空いてる人がいれば手伝ってもらうこともできます。ですが周りの人もモクモクと作業していて声はかけにくいです。

もちろん運ぶときは台車を使いますが、台車に乗せるだけで大汗をかきます。

いそ
いそ

私の働いていた倉庫は大型商品メインだったので業務用プリンターも1人で運びました。

ポジティブに考えれば運動・ダイエットになります!

閑散期は2人1組の作業になる

物流倉庫も毎日が繁忙期というわけではありません。
ヒマな日もあります。

そんな時はピッキング作業を2人1組でやるよう指示されます。もちろん年齢・性別関係なく知らない人と組みますが、これがとても気まずいです。

ピッキングは基本のやり方は同じですが、作業する人によって個性が出ます。

  • 商品リストの1番上から順にピッキングする人
  • 現在地に近いところから順にピッキングする人
  • 重いものから順にピッキングする人

普段は1人で作業しているので誰にも指摘されないピッキング作業ですが、2人1組になると…

ベテラン
ベテラン

絶対こっちから行く方が早いでしょ!
〇〇さんあれ取ってきて!

…とか

初心者
初心者

〇〇さんどうします?あっち行きます?
それともこっち?

…とか

ペアを組む相手によって振り回されたり、意見を求められたりします。

いそ
いそ

1人での作業が気楽な人にとって閑散期は最大の敵です。

高所作業車を使うことがある

倉庫によっては、高いところまで商品が置かれていて、高所作業車を使用しないといけない場面があります。

手押しの高所作業車がとても重く1人で動かすのが大変でした。また、上に登っていく時の揺れが大きく不安定なので少し恐怖心もありました。

いそ
いそ

高所作業車は講習を受けないと使用してはいけませんし、高いところが苦手だからと断る人もいました。

高所恐怖症の人は、はっきりできないことを伝えておきましょう。

まとめ

いそ
いそ

ピッキング作業は女性でもできます!

高校生の女の子60代のおじさまもピッキングしていました。毎日バリバリ働く主婦の方もたくさんいました。

だからあなたにもできるはずです。

また、ピッキングバイトは人間関係の煩わしさも少ないので、仕事だけに集中できて心穏やかに生活できます。

気になっている方は単発でやってみるという手段もありますので検討してみてくださいね。

奥様
奥様

女性でバリバリやってる人がいるなら安心ね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました