派遣社員の採用までのリアルな流れを教えます!

あなたは派遣社員の採用の流れが、正社員と全く一緒だと思っていませんか?

シラトリ

派遣社員の採用の流れは、正社員と似ているようで少し違うんです。

この記事では、実際に派遣社員の求人に応募をした場合の採用までの流れを詳しくご紹介します。

派遣社員の採用の流れを知っているだけでも、就職活動への心構えができます。

私の派遣社員転職の実体験も交えて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

派遣社員の採用までの流れ

人によって順番が入れ替わる部分もありますが、大まかな流れは次のような感じです。

STEP
登録会に参加
STEP
求人探し
STEP
求人応募
STEP
書類選考
STEP
顔合わせ
STEP
採用結果通知
STEP
派遣会社と雇用契約
STEP
初出勤

各項目でどんなことをするのか、詳しく説明します。

最初に行う必須事項

派遣社員になるために最初に行わなければならないのが、次の3つです。

  • 登録会に参加
  • 求人探し(紹介)
  • 求人応募

この3つは、人それぞれ順番が入れ替わります。

例えば、

【求人探し→求人応募→登録会に参加】の人もいれば、

【登録会に参加→求人紹介→求人応募】の人もいるということです。

登録会に参加

派遣社員になるためには、派遣会社の登録会へ参加するのが必須となります。

登録会を行う目的は、担当者があなたについて知るためです。

聞かれることは本当に色々ですが、私が過去に聞かれたことを参考にあげておきます。

  • 職務経歴
  • 持っているスキル
  • 希望時給
  • 希望勤務地
  • 希望業種・職種
  • 勤務時期・日数・時間
  • やりたくないこと
  • 譲れないこと
  • その他のこだわり

あなたの希望条件に全て一致する求人があるとは限りませんが、希望は正直に伝えておくことをおすすめします。

もし希望に合う求人がなくても、担当者が妥協案を出してくれるはず。

転職活動をスムーズに進めるためにも、希望は正直に伝えましょう。

求人探し

登録会にまだ参加していない場合には、あなた自身で求人探しをします。

派遣求人情報サイトや派遣会社のホームページから、希望の求人を探して応募しましょう。

シラトリ

求人に応募すると、派遣会社から登録会の案内が届きます

すでに登録会に参加している場合は、派遣会社の担当者から求人紹介をしてもらいます。

求人の探し方については 派遣社員の求人の探し方! で解説しています。

求人応募

【求人探し→求人応募→登録会に参加】の流れで進んだ人は、登録会が終わったあとに応募した求人の選考に進みます。

シラトリ

同時進行で他の求人紹介を受けることも可能です!

【登録会に参加→求人紹介】の流れで進んだ人は、紹介された求人の中から応募したいものを担当者に伝えましょう。

求人応募後の流れ

求人に応募すると、

  1. 派遣会社で書類選考
  2. 派遣先へあなたを紹介

の流れで進んでいきます。

シラトリ

この2つは、あなたは特に何もしなくてOKです!

派遣会社が進めてくれるので、あなたは顔合わせに進むか不採用かの結果を待ちましょう。

気になる人のために、各項目でどんなことが行われているのか説明します。

気にならない人は「選考通過後の流れ」に進んでください。

派遣会社で書類選考

この書類選考は行わない場合もありますし、何も伝えられずに行われている場合もあります。

書類選考が行われるのは、派遣会社内で1つの求人に複数人の応募があった時です。

派遣先企業には、応募した複数人から1人を選ぶ権利はないので、派遣会社が紹介する人を決める必要があります。

派遣先へあなたを紹介

求人に応募して書類選考を通過すると、いよいよ派遣先企業へあなたを紹介します。

あなたのスキルシートを派遣先企業に渡して、求めている人材とマッチしているか判断されます。

登録会で話した内容をもとに、担当者があなたのスキルシートを作成してくれますので、あなたは何もしなくて大丈夫です。

気長に結果を待ちましょう。

選考通過後の流れ

書類選考→派遣先への紹介を経て、無事に選考を通過すると、

  1. 顔合わせ
  2. 採用結果通知

の流れで進んでいきます。

派遣会社の担当者に任せることが多い転職活動ですが、顔合わせはあなたのアピール力が重要になってきます。

シラトリ

下準備をしっかりと行いましょう!

顔合わせ

顔合わせは「職場見学」や「面談」という呼び方をする場合もあります。

この顔合わせに参加する人は、

  • 応募者(あなた)
  • 派遣会社の担当者
  • 派遣先企業の担当者

です。

派遣先企業の担当者は複数人参加する場合もあります。

顔合わせを行う目的は、次のような感じです。

  • 派遣先に自分自身をアピールするため
  • 派遣先の雰囲気や仕事内容を知るため

つまりお互いのことを知るための場所ですね。

この顔合わせは、派遣会社の担当者が中心となり、それぞれの手元にあなたのスキルシートを置いた状態で話が進行します。

正社員の面接ほど堅い雰囲気ではありませんが、顔合わせ後に不採用になる可能性はゼロではないので、しっかり自分をアピールしましょう。

参考として、私が過去に顔合わせで聞かれたことをあげておきます。

  • 職務経歴
  • 持っているスキルの具体的なレベル
  • ソフトの使用経験(Excelなど)
  • 派遣先への質問

あなたの経歴やスキルは、全てスキルシートに記載されているので、派遣先企業も把握しています。

顔合わせで聞かれることは、スキルシートの内容をさらに掘り下げるようなものがメインです。

「聞かれたことに誠実に答える心構え」と「派遣先企業への質問」をしっかり用意しておきましょう。

採用結果通知

顔合わせが終わると、派遣先企業とあなたの双方に意思確認が行われます。

ここで双方が合意すれば採用決定、どちらかが合意しなければ不採用です。

不採用の場合は、また求人探しから再スタートします。

顔合わせをしてみて派遣先の雰囲気が合わなかったり、仕事内容が希望と違う場合もあるはずです。
派遣先が合意しても、あなたが合意しなければ雇用契約には進まないので、担当者にはっきりとあなたの意思を伝えましょう。

採用された後の流れ

派遣先企業とあなたの双方から合意が得られた場合は、

  1. 派遣会社と雇用契約
  2. 初出勤

の流れで進んでいきます。

派遣会社と雇用契約

採用が決定すると、まずは派遣会社と雇用契約を結びます。

派遣先での勤務開始前に、派遣会社で契約書の確認や派遣会社のルール説明が行われます。

これから勤務していく中で契約に関する疑問などがあれば、派遣会社の担当者に問い合わせましょう。

雇用契約は「派遣会社」との間に結ばれます。
契約に関することを「派遣先企業」に聞いても、正しい回答が得られません。

初出勤

ここまで来たらようやく初出勤です!

初出勤日は、派遣会社の担当者が派遣先まで同行してくれます。

待ち合わせ場所や時間をしっかり確認しておきましょう。

初出勤日は派遣先への挨拶やPCのセットアップなどで忙しくなります。
初日は誰でも緊張すると思いますが、万全の体調で望みましょう。

まとめ:派遣社員の採用の流れは複雑!

派遣社員の採用までの流れを大まかに紹介しました。

ここまで一気に読んだ人は、正社員採用よりも複雑な流れだと感じたかもしれません。

正社員採用より行程が多いことに加えて、「たくさん応募しているのに1つも顔合わせが決まらない…」なんてこともよくあります。

複数の求人に応募するのは大前提として、複数の派遣会社に登録して求人紹介を受けるのも採用の近道です。

転職希望時期が迫っている人は、躊躇せずガンガン応募しましょう!

知っておくべき3年ルール

契約更新と3年ルールを解説 では、派遣社員の契約更新と3年ルールについて詳しく解説しています。

シラトリ

派遣社員は同じ職場で3年しか働けないって知ってますか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次