派遣社員が退職する時の注意点とやるべきこと

最長3年の契約期限がある派遣社員でも、3年経たずに退職する可能性はゼロではありませんよね。

そんな時、いつ誰に退職の意向を伝えたらいいか悩むと思います。

この記事では、

  • 退職する時は誰に伝えればいいの?
  • 退職のどれくらい前に伝えるべき?
  • 退職が決まったらやるべきことは?

こんな疑問を解説します。

これを読めば、退職する時の不安が取り除けるとともに、トラブル防止にもなりますよ!

気持ちよく退職するために知識を備えておきましょう。

目次

退職の意向を伝える相手

派遣社員が退職の意向を伝えたい場合、次の2人のどちらに伝えるか悩むと思います。

  • 派遣先の指揮命令者
  • 派遣会社の担当者

この答えは、派遣会社の担当者です。

派遣社員の契約が「継続される」とか「終了する」とかは、全て派遣会社が管理しています。

契約終了になった場合に、

  • 退職日
  • 有給消化の有無
  • 退職手続きの方法

などを全て把握しているのは派遣会社なので、派遣会社の担当者に伝えるのがスムーズです。

派遣先企業にあなたの退職が伝わるのは、派遣会社とあなたとの間で退職の意向が共有されたあとになります。

しかも派遣先へ伝えるのはあなたではなく、派遣会社の担当者です。

「あなた→派遣会社→派遣先企業」が最もトラブルが起こりにくい順番です。

派遣先を変えたい時は

退職と同じように、派遣会社は続けたいけど今の派遣先は辞めたい…

といった時にも派遣会社の担当者に相談しましょう。

「どんな理由で」「いつまでに辞めたいのか」話し合った上で、退職の決定と次の派遣先紹介をしてくれます。

退職の意向を伝える時期

退職の意向を派遣会社に伝えるのは、遅くても退職希望日の1か月前です。

もしくは、担当者から契約更新の意思確認をされたタイミングで「更新しない」と伝えると良いと思います。

退職希望日まで1か月を切っている場合や、契約更新をしたばかりのタイミングでは退職希望を受け入れてもらえない可能性があります。

気持ちよく退職するために

退職日が決まったら、残すは退職準備です。

退職日までに行うことは案外多いんですよね。

どんな仕事でも、退職までに必ずやるべきことは、

  • 後輩や同僚への引き継ぎ
  • 取引先など関係者への挨拶
  • デスクなどの私物の片付け
  • 派遣先への挨拶

最低でもこの4つです。

後輩や同僚への引き継ぎ

あなたの仕事は、あなたが辞めても誰かが行うはずなので引き継ぎは必須ですね。

引き継ぎが必要な場合は、早めの行動と引き継ぎの計画を立てるのがポイントです。

のんびりしていると、退職直前まで引き継ぎが終わらず、結果的に派遣先に迷惑をかけることになります。

引き継ぐべき仕事をリスト化して、順序や日程を事前に決めておきましょう。

取引先など関係者への挨拶

あなたが業務上関わっていた人には退職の挨拶をしましょう。

おすすめのタイミングは、引き継ぎが完了してあなたが業務から離れる時です。

ギリギリになりそうなら、退職日の2週間前までに伝えておくと安心ですよ。

取引先から退職後のやり取りについて相談される可能性があるので、早めの連絡を心がけ、退職日間近での連絡は避けましょう。

デスクなどの私物の片付け

退職したあと、あなたのデスクは他の人が使用しますので、キレイな状態にしましょう。

私物は全て持ち帰るか、不要なものは処分。

仕事に関わる資料はしっかり後輩や同僚に引き継ぎましょう。

冷蔵庫やロッカーなどの共有スペースに置いている私物は忘れがちですので、最終チェックは欠かさずに行ってください。

派遣先への挨拶

派遣先への挨拶は最終出勤日に行います。

菓子折りを持参して、お世話になった人に直接手渡して回ると印象が良くなります。

テレワークの場合は会えない人もいるので、メールでの挨拶も忘れないようにしましょう。

派遣会社を退職する場合

派遣先だけではなく、派遣会社も退職する場合は、派遣会社での退職手続きが必要になります。

主に行うことは、

  • 社員証など会社支給品の返却
  • 離職票など必要書類の受け取り
  • 担当者への挨拶

これらは、あなたが派遣会社に訪問して行う場合と、最終出勤日に担当者が派遣先に来て行う場合の両方のパターンがあります。

返却が必要なものは、担当者から事前に共有されると思いますので、退職日に忘れず持参しましょう。

派遣社員の場合は、退職届の提出は必要ありません。

まとめ:退職するなら早めの行動がおすすめ

退職の意向を伝えるのは1か月前までと決まっていますが、それより早く伝えてもOKです。

早ければ早いほど、あなたも派遣先も余裕のある行動ができます。

引き継ぎや退職挨拶をしっかり行えば、派遣先から良い印象を持ってもらえるかもしれません。

その良い印象が派遣会社に伝われば、次の派遣先紹介に有利な材料になります。

どうせ退職するからといって雑にならず、最後まで誠意を持って対応しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次